自分の生活を守る為に生命保険に入りましょう

生命保険に加入すれば安心。自分の生活を守っていきましょう。 - 自分のことは自分で守るために生命保険に入りましょう

自分のことは自分で守るために生命保険に入りましょう

社会保険制度があるのに、人生のリスクを避けるために生命保険にはいる人が多いように感じませんか?同じように自分の体が病気や事故などにあった時に使う保険なのに、どう違うのかは社会人になってからイメージできるようになると思います。

〈本当に保険証をもっているだけで大丈夫なのか〉

日本では全国民が何らかの年金制度、健康保険制度に入らなければいけません。他の国にも同じような制度はありますが、規定にあてはまらなかったりして入ることができないそうです。では保険証を持っていない人はどうしているかというと、お金のある人は民間の生命保険に自分で病気になったときに備えています。保険をかけられない人は、お金をはらえないので治療をうけることができないということです。このようなケースを知ると、日本では国の保険制度が充実しているから自分で入る必要は無いと感じてしまいますよね。

〈自分の生活を守る保険に入ることが必要です〉

yyflify
病気や事故に合ったときに保険証をだして、治療費の3割分をはらって帰ります。残りを社会保険がはらってくれているというのは知っていますよね。でも、大変な治療をする病気になってしまったら?入院が長くなれば3割といえどもはらうのが大変になってしまいます。忘れがちなのは、入院中の家賃や光熱費は誰がはらうのでしょうか。具合が悪くて働けないのにそれではお手上げになってしまいます。社会保険はそこまではもってくれませんから、そこで活躍するのが生命保険になります。

生命保険は安心料といわれますが、大変な病気になったときに入っていて良かった!と自分も家族も思うことができます。たとえ保証が小さなものであっても無理なくはらえるくらいのものも増えてきています。一度、入ることを考えてみてはいかがでしょうか。
世界でもっとも保険好きな国民といわれる日本人。
生命保険の加入率は実に8割を超え、生活保険文化センターの調査によると、一世帯あたりの年間生命保険料は平均で45.5万円となっています。
これを20年間払い続けたら1000万円近くになり、30年間であれば1300万円を超える金額になります。
まさに保険は不動産に次ぐ大きな買い物なのです。

通常、家や車など大きなものを購入する際には事前に計画を立て、慎重に比較・検討したうえで決定に至りますが、なぜか生命保険に関してはそのプロセスがおろそかになりがちです。
「知人が保険のセールスをしていて断れなくて…」といった理由で契約している人が実に多いのです。

このように安易に生命保険に加入してしまう背景には、そもそも保険に入るのは当たり前だという感覚があります。
ただし、こういった感覚は日本人だけのもので、他の先進国ではどうしても必要な理由がある場合を除いて、保険にはできるだけ入らないという意識があります。
公的な医療保障に乏しいアメリカでは、保険加入率、保険料ともに高くなっていますが、それでも5000万人ほどの無保険者がいます。
もともと手厚い国民皆保険制度がある日本では、保険加入の必要性は実はあまり高くありません。

〈まとめ〉

それでも日本人が保険に入るのはなぜか。
一つは戦後「一億総中流」と言われたように分厚い中流層が育ったことが挙げられます。
十分な収入や資産がある富裕層は保険に入る必要がなく、貧困層は保険料を支払う余裕がありません。
中流層は保険会社の格好のターゲットとなったのです。
また、「皆がそうしている」と言われると自分もそうしなければならないような気になる日本人の横並び意識も生命保険市場に大きく貢献しています。

社会一般に言われている「常識」を頭から信じ込まずに、自分自身で必要性を判断するという意識の変革を図りたいものですね。

■生命保険ランキング